H2-1.png

まちからの情報

2016年9月28日

地域住民の健康や食育づくりをねらいとして、明保地区では平成20年に発足し、現在24名の推進員の方々が汗を流しながら活躍しています。
推進員は4日間のカリュキラムを経て、地域リーダーとして様々な活動を企画し、実施を展開しています。
毎月行われている「ときめきウオーキング」は年間のコースを決め、欠かすことなく実施しています。また今年の「ときめき講座」は、落語研究会の青木敬信さんを講師に招き実施しました。また、食育教室としては恒例の「手打ちそば体験」を行い、美味しいそばをいただきました。
今年から、「ときめきストレッチ教室」(毎月実施)を企画したところ、50名以上の応募があり、教室のスペースの事情から月2回に分けて熱心な推進員のもと和気あいあい、ストレッチを楽しんでいます。

 

2016年9月28日

駒生運動公園(通称:駒生グランド)には大木の桜群があり、近隣の住民は咲き誇る桜をこよなく親しんでいます。
明保体育協会では、初めての試みとして「お花見ランニング」大会を開催しました。コースはグランドを周回するもので、年代層、ファミリーなどによって回数を決め、それぞれに分かれてピストルの轟音の元、スタートしました。
幼稚園生から80歳代までの参加者が途中の花見を楽しみ、途中には飲食コーナーを設け、スタッフから「ガンバレ~」の声援を受けながら、和気あいあいのランニングのひとときを過ごしました。
来年からは恒例イベントとして、開催してほしいとの声が多々ありました。

2016年9月28日

このたび、宇都宮市の「夢あるまちづくり実現事業」に推薦され、「雨情文化を活かしたまちづくり事業」を実施することになりました。
活動の主旨は、私たちのまちは雨情の終焉の地であり、雨情が没した後も、10年間、つる夫人は農作業をしながら6人の子どもたちを育てました。これらのゆかりのまちのとしての情報発信、また私たちのまちの人たちは雨情への畏敬の念が強いこともあり、多くの団体、サークル、道路や橋などに「雨情」の名を付けて親しんでいます。これらの観点から住民参加を含めた巾広い活動を継続的に展開するものです。
活動骨子は
*「雨情の日」イベントの開催
*雨情冊子発の発行
・一般用
・子ども用(明保小の副読本)
*雨情情報コーナーの設置(明保地域コミュニティセンター)
*旧居など施設の保存活動
*情報発信(ホームページなど)


2015年12月2日

 明保地区の文化祭は明保小学校体育館、校庭で開催していましたが、今年から移築された新しい明保地域コミニティセンターと隣接のちびっ子広場での限られたスペースのもとで、開催することになりました。
 文化祭実行委員会は、展示部会、演芸部会などのパーツごとに事前の検討を十分に行い、10月24日の開催日には、展示、演芸、健康体験コーナー、チャリティバザー、フリーマーケット、雨情情報コーナーなどに多くの地域住民が訪れ、賑わいをみせていました。
 夕方は子ども会が中心になりハロウィーン交流会を盛大に開催しました。各家庭から仮装した親子が出発、140名が参集した「ちびっ子広場」では星空映画鑑賞会や交流会など、楽しい夕べのひとときを過ごしました。

2015年12月2日

明保地区では毎年、秋のシーズンに「文学の旅」を企画しています。今年は雨情が我がまちで没して、70周年を記念して雨情の生家と雨情記念館を37名が訪問しました。館長や北茨城市の職員が応対していただき、雨情の生誕と終焉のゆかりのまちとしての相互交流を図りました。
 先の東北沖の大地震による津波で施設の一部に浸水被害があり、帰りがけ立ち寄った六角堂は流出してしまいましたが其々、復興していました。近代日本美術の発展に尽くした岡倉天心を主体に、同胞の横川大観、下村観山、木村武山などの作品が展示されている天心記念・五浦美術館を見学し、太平洋に張り出した館内からの展望する絶景に感嘆しました。

2015年6月16日

[実施日]5月9日

通称、フラワーロードに毎年、青少年・子ども育成会と雨情寿会が花苗を植えています。子ども、お父さん・お母さん、お爺さん・お婆さんたちが交流しながら、除草、床作り、花苗の植え付けを行っています。この日は85名が参加し、沢山のマリ―ゴールト、ベコニアなどを植えました。通学路はアジサイロードとしても知られており、近隣の住民が多く訪れています。
明保地区では、昨年これらの環境美化活動が評価され、環境大臣賞を授与されたことから、今回「とちぎの環境美化県民運動」の一環として、これらの様子を5月28日、栃木テレビにて放映されました。

2015年6月16日

3月29日(日曜日)、佐藤市長、熊本市議会議長などの来賓と、明保地区役員、近隣者をお招きし、オープニングセレモニーを開催しました。
場所は、駒生運動公園の南側に位置し、明保地区のほぼ中心エリヤにあります。同じ敷地には「ちびっ子広場」が併設されており、高齢者のグランドゴルフにも活用されているなど、地域住民が気軽に集い、また、まちづくりの拠点としてもおおいに活用され、期待されるものと思います。
第二部の記念講演として、明保地区に住まわれている「ひばりクリニック」、「重症障がい児日中一時預かり施設」を開業している高橋明彦先生により、在宅医療の先覚者としての実務を通した、熱きお話しをしていただきました。
【テーマ】「生きること・生ききること。~在宅医療の現場から~」

2015年2月4日

―空き家を利用―
 高山實氏所有の空き家を提供していただき、住民の憩いの場、サークル活動、子ども会、老人クラブ、女性クラブなどの会合など、サロン的スペースとして、活用することになりました。同所には3セットの麻雀卓が備えられ、健康麻雀クラブが発足しました。
aki

2015年2月4日

 新しいコミュニティセンターが3月上旬に完成し、いよいよ4月1日からオープンすることになりました。場所は明保地区のほぼ中心地域にあり、駒生運動公園、ちびっ子広場などと併せて、住民利用の便利性、まちづくりの拠点としておおいに活用が期待されます。

当面のスケジュールは次のとおりです。

旧コミュニティセンター使用終了 3月4日(水) サークル、会議など
引っ越し準備 3月5日~10日 物品整理、箱詰めなど
引っ越し 3月10日以降
新コミュニティセンター開設準備 3月11日~28日 物品配備など
オープンセレモニー 3月29日(日) 式典、基調講演
オープン 4月1日 サークル、会議など

*一部の倉庫設置が6月以降となるため、イベント用物品などがそれまで残置となります。
new
new1

2014年9月10日

◎ちびっ子農園収穫祭

【実施日】7月13日

明保っ子たち、お父さん・お母さんたちが汗をかきながら床作り・苗の植え付け・除草作業を行った、じゃが芋やピーマンなどの野菜がたくさん収穫することができました。収穫した野菜でカレーライス、じゃがバターなどをつくり、みんなで収穫することの大変さを話し合いながら美味しくいただきました。
ちびっこ農園

 

 ◎宮祭り・宮梵天参加

【実施日】8月3日

宇都宮市の夏の祭典≪宮祭り≫に私たちのまちの「鶴田梵天」が毎年参加していますが、今年も大人たちの梵天と明保っ子たちの梵天が市民の観衆の前に勇敢に披露しました。特に明保っ子たちの梵天は、大人たちに負けないくらい躍動のある揉みながらの可愛い行進に、観衆の喝采をあびました。

宮梵天

 

 

◎夏祭り・子どもみこし祭り

【実施日】7月27日・28日

前夜祭は、大人たちが主体ですが、当日は明保っ子たちの出番です。5つの子ども会の手作り神輿(みこし)をかつぎながら集まり、護国神社の宮司により、明保っ子たちの健全育成と安全を祈願する神事がとりおこなわれました。山車(だし)・大人みこし・子どもみこし・手作りみこしをみんなでワッショイ・ワッショイと大きな声で、かつぎながら羽黒山神社の広場まで行進しました。地域の団体の人たちの出店での、かき氷や綿あめ、焼き鳥、おにぎりなどをいただきながらゲームなど、楽しい一日を過ごしました。

子供みこし

 

 

◎サマーキャンプ

【実施日】8月17日・18日

1年生から6年生の明保っ子たちがテントで宿泊しながら、体験するキャンプは今年も県の森林公園で行われました。今年は中学生たちの明保リーダーズクラブ(MRC)がトレーナーとなって活躍しました。アユのつかみ取り、食事づくり、厳かなキャンプフェヤー祭典、古賀志山の登山などみんなで過ごした2日間は、楽しく貴重な体験でした。指導してくだっさた父兄の方々、ありがとうございました。

サマーキャンプ

 

 

◎流しソーメン

【実施日】8月23日

竹を取り、加工して作った2つのラインの流しソーメン大会も今年で5年目となります。

朝夕、明保っ子の登下校時の見守りしているボランティアのおじさん、おばさんたちと明保っ子たちとの交流の場として行われます。お父さん、お母さんも参加し、三世代がわきあいあい、流れるソーメンをすくいながら、お腹いっぱい食べました。プチトマトやブリーベルも一緒に流したり、スイカ割りなど「明保冒険の林」でのひとときでした。

 

流しそうめん