H2-1.png

まちからの情報

2021年2月11日

雨情の終焉のまちとして、我が明保地区の住民は雨情を畏敬の念をもって、様々なまちづくりに活かしています。

・生活道路名(雨情桜通り、雨情南通り、雨情さわやか通り)。

・団体、クラブ名(雨情子ども会A・B・C、雨情寿会、雨情ボランティアクラブ、雨情女性クラブなど)

・毎年、雨情の終焉の日(1月28日の至近日曜日)に雨情まつりを開催

・明保地域コミニティセンターに雨情情報コーナーを設置

・明保小学校の副読本として児童用パンフレットを作製配付

・県内外からのまちづくり視察などの来局者への配布として、一般用パンフレットを作製配付

この度、新たに栞(サイズB3の三つ折り)を3千部作製、雨情旧居への訪問者などに配付することにしました。

現在、「宇都宮市の雨情文化」を県内外へ情報発信することを狙いとして、仮称「雨情ガイドクラブ」を立ち上げ、雨情旧居や周辺の詩碑などへの見学体制づくりを計画しています。栞は今後、宇都宮市の観光スポットに配備し、誘客に生かしたいと考えています。

2021年2月11日

地域の安全・安心を担う自主防犯活動の一環としての犯罪の未然防止、抑止力に加え、犯罪や事故発生時の画像記録の活用寄与など、防犯カメラの役割が昨今、期待されている実態にあります。

三の沢西自治会では地域社会の安全なまちづくりとして、防犯カメラの設置について地域住民の総意として総会に提案し、設置が承認されたことから今回、児童の通学路や車両の通行において事故発生歴や危険要素のある場所を選定(地域、警察、行政と協議)し、3基を設置しました。

昨今の防犯カメラは映像視野、鮮明度、更新記録時間などが優れており、今後の地域安全に多いに貢献できるものと期待をしています。

(今年度から、地域負担分が1/3から1/4に変更となり減少となりました)

2021年2月11日

・地域まちづくりの団体、クラブ、サロンなどの活動については極力、マスク使用、3蜜回避の厳守、ソーシャル・ディスタンスなどの感染防止対策を講じながら実施すべくお願いをしました。(書面で可能な会議などは極力、それらの方向でお願いしました)

・今年度当初の各団体の総会は、全て書面や役員による代行などにより執行させていただきました。

・明保地域コミニティセンター利用の場合は「施設利用チェックシート」「活動参加者一覧表」を提出していただき、厳守事項の徹底を図りました。

・先の国の緊急事態宣言に伴う宇都宮市「新型コロナウイルス感染症」危機対策本部会議の決定事項に基づき1月15日(金)~2月7日(日)までコミニティセンター及び各自治会集会所の使用は休止といたしました。

地域交流の自粛が余儀なくされ、閑散とした日々が続いていますが、皆さま方のご協力により、必ずや和気あいあい、活気ある地域社会に復帰できることを念じています。

2020年6月4日

地域住民の高齢化が進み、買い物や医療機関などの生活移動が困難になってきています。地域の足となる交通手段の課題については、我がまちの「まちづくりビジョン策定委員会」(支え合い生きがいチーム)において2年間、検討・研究を続けてきました。

これらを踏まえ、この度≪地域内交通検討委員会≫が設置され、推進に向けた具体的作業を推進するため、【総務企画部】【運行検討部】【資金検討部】を設け、課題への取り組みを行います。

明保地区における運行方式は、路線バスと同様に停留所を設置して、決まったルートを時刻どおりに運行する「定時定路方式」(少人数乗車用車両採用)が基本となっています。

なお、近日中に住民の皆さまに「明保地区公共交通に関するアンケート調査」を配布いたしますのでご協力方、よろしくお願いします。

2020年6月4日

団塊族が75歳を迎える2025年以降、高齢者が急激に増えることが予想され、国では保険法を改正し、様々な施策を示しています。

*高齢者の介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らしていけるような仕組みづくりを行政、医療、介護、地域の各分野で連携して取り組むシステムを構築します。
*高齢者の方々が地域社会で生きがいを持って、元気で過ごし続けていただけるようなコミュニティづくりを構築します。
を目標に明保地区では地域包括ケアシステム≪第2協議体≫を立ち上げました。(親しみ易い愛称言葉として≪支え合い体≫としました)
(注)行政の担務、役割を≪第1協議体≫と言います。
高齢化対策は誰もが何時かは向き合う課題です。お互いに話し合い、助け合いながらこれらの仕組みづくりに参加・協力・行動することが≪支え合い体≫の役割です。

具体的内容と進め方については、明保地区明るいまちづくり協議会発刊の
「明るい・めいほ」を参照してください。
・第22号(平成29・ 1)…「ご近所の見守り・支え合いで安心に暮らせるまちづくりを進めよう」(明保地区 地域包括ケアシステム構想図)
・第23号(平成29・12)…「地域ケア会議がスタート」(超高齢化時代を向かえた地域課題にチャレンジ)
・第24号(平成31・ 3)…「地域ぐるみで取り組もう」(地域包括ケアシステム・支え合い体)
・第25号(令和 2・ 3)…「地域包括ケアシステム・《支え合い体》活動紹介」

2017年6月26日

明保地区では、地区リーダーの高齢化による後継者づくりが重要な課題として捉え、まちづくりビジョン策定の行動プログラムの一つとして取り組んでいます。
次世代の人材育成、発掘を狙いとした男塾は1回期を一昨年に開催し、今回で2回期となります。既に1回期生では数名の塾生が地域デビューを果たし、各種団体の役員職を担っています。
カリキュラムは机上の講義ばかりでなく、ブレンストミング手法などを応用しながら皆で話し合い、実効性のあるまちづくりの方策を見出すとともに屋外パーティーや蕎麦打ち体験などを織り込みながら交流し合い、人的な繋がりを図りました。

2017年6月26日

空き家を利用した自治会集会所オープン

三の沢北自治会
宇都宮市では、高齢化の進展による空き家の増加対策として、所有者などにより管理責任、利活用意識の向上や空き家等の適正管理の徹底を図るため「宇都宮市空き家等の適正管理及び有効活用に関する条例」が制定(平成26年3月)されました。
この度、宇都宮市の初の活用事例のモデルとして、明保地区三の沢北自治会が空き家を活用した集会所を開設しました。
高齢化が進む中で地域のまちづくりとして、誰もが集まれるような居場所づくりが重要な課題であったことから、集会所の開設は地域住民にとって、人とのコミュニティの拠点として大いに期待されるものと思います。

2017年6月26日

児童の交通事故を防止するため、明保地区では登下校の見守りにおける危険個所の安全誘導や、ストップマークの道路標示、看板の設置などを行っています。
又5年前から視覚の悪いT字路や交差点などに飛び出し人形の看板を掲げ、事故の未然防止をはかっています。ドライバーや父兄の評判が良いことから今回、これらの看板を更に目立つようカラフルに模様替えをするとともに設置場所を増やしました。
(看板の表面に男児、裏面に女児が描かれています)

地区からのお知らせ