H2-1.png

特殊詐欺にだまされないで!!高齢者交通安全等アドバイザーおおいに活躍

2015年6月16日

新聞やテレビに高齢者の特殊詐欺被害が頻繁に報じられています。平成26年度の全国被害額は560億円に達しているとのこと、深刻な社会問題となっています。明保地区では高齢者交通安全等アドバイザー(栃木県警察本部長が委嘱)の高山實さんが中心となって、特殊詐欺犯罪の被害を私たちのまちから絶対に出さない!との意気込みで
*無人ATW、コンビニなどに看板を設置。
*広報車により、地域を放送巡回。(広報車は高山實さんが提供)
*自治会の全回覧版に広報チラシを張り付け。
*訪問による注意喚起。
などの被害防止活動を積極的に展開しています。高齢者本人はもちろん、家族がお互いに話し合って、特殊詐欺にだまされないように気を付けましょう

コメント